旅立ち日、おめでとう

我々の世代では、卒業式といえば「仰げば尊し」でしたが、最近では、ヒットソングやその年のチャートランクした思い出の歌など、旅立ち日にふさわしい歌の選曲が行われています。

旅立ち日の歌5曲目
「君たちよ」

(職員が歌います)

君たちよ 光は空に満ちている
翼をそろえて 胸はって
はばたき巣立つ 君たちよ
たとえ嵐が吹こうとも
はばたけ はばたけ 行く手には
明るい未来が 開けてる

君たちよ 先生はいつも見つめてる
育み育てた 君たちの
駆け行く姿を 君たちよ
たとえ荒波高くとも
はばたけ はばたけ 行く手には
明るい希望が 開けてる
君たちよ

職員が卒業生を旅立ち日の歌で送った後、

旅立ち日の歌6曲目
「さようなら」

(全員で歌います)

素晴らしいときは やがてさりゆき
いまは別れを惜しみながら
ともに歌った喜びを
いつまでも いつまでも わすれずに

楽しいときはやがてさりゆき
今は名残をおしみながら
ともにすごした喜びを
いつまでも いつまでも わすれずに

心の中に夢を抱いて
明日の光を願いながら
今日の思い出忘れずに
いつかまた いつかまた 会える日まで

卒業生と全校生徒で、いっしょに旅立ち日の歌の合唱です。

旅立ち日の歌7曲目
「空より高く」

(在校生が歌って、卒業生が退場します)

人は空より高い 心をもっている
どんな空より高い 心をもっている
だからもうだめだなんて あきらめないで
歌ってごらん 信じてごらん

君の心よ 高くなれ
空より高く 高くなれ

人は海より深い 心をもっている
どんな海より深い 心をもっている
だからもういやだなんて 背を向けないで
見つめてごらん 信じてごらん

君の心よ 深くなれ
空より深く 深くなれ

旅立ち日の歌最後の歌がこれです。
いよいよ卒業生との別れの瞬間、思わず目頭が熱くなります。

旅立ち日、おめでとう!


| MUSIC